先輩たちの声

土木部 中谷純樹

土木部 中谷純樹

入社のきっかけは?仕事のやりがいは?

地元の福岡で誇れる仕事がしたいと思ったからです。大学で土木を専攻していたということもあり、福岡の建設会社を探していたところ出会ったのが、株式会社へいせいでした。 初めて会社を訪れた際、会った方全員が明るい挨拶をしてくださり、とても良い印象をうけ、私もこの会社で働きたいと強く感じました。

現場の施工管理をしていくことはとても大変ですが、その分、現場が終わった時の感動や喜びは格別です。また、「自分たちの造った物が社会のためになっている」ということが目に見えるので仕事のやりがいを肌で感じる事ができます。

同期の事、上司についてどのような印象ですか?

会社の雰囲気は、とても良いと思います。明るい挨拶が飛び交い、活気にあふれている。といった感じです。
上司については、自分の信念をしっかりもった方がたくさんいらっしゃいます。 普段は優しい先輩方も現場に入ると顔つきが変わります。その姿を見てプロ意識が高いなと思いますし、私が見習わなければならないところでもあります。

新人の時のエピソードは?

入社して初めて現場に入った時は、本当に何も分からず、とにかく毎日が初めての事ばかりで、会社の先輩や協力会社の方々に分からないことを一つ一つ教えてもらい、必死に覚えていました。特に印象に残っていることは、やはり、1番最初についた砂防工事の現場での仕事です。今まで、完成したコンクリート構造物しか見たことがなかったので、1段1段、職人さんの手によってコンクリートが打ち上がっていく工程を見て、とても感動したことを覚えています。

今年で入社4年目を迎えますが、まだまだ分からないこと、覚えなければいけないことがたくさんあります。
今は、先輩たちに少しでも近づけることを目標にして日々の仕事に取り組んでいます。

建築営業部 宗佳弘

入社のきっかけは?仕事のやりがいは?

ただ単純に『地元の企業で働きたい』『地元に貢献したい』と思ったからです。大学で土木を専攻していましたので、建設関係の会社で探し、出会えたのがへいせい(当時:平成建設)です。

仕事のやりがいは色々ありますが、お客様や地域のお役に立てることですかね。仕事を通して誰かに喜んで頂けることは素直にうれしいです。あとは色々と新しいことにチャレンジすることで、高いモチベーションで仕事に取り組むことが出来ます。その分大変なことも多いんですけど。(笑)

建築営業部 宗佳弘

同期の事、上司についてどのような印象ですか?

同期は他部署やグループ会社でそれぞれ頑張っています。今でも時々お誕生日会やホームパーティをしたり楽しく遊んでいますよ。もちろん一緒にチームを組んで仕事をすることもありますし、部署の垣根を越えて相談をすることもあります。色々な場所に気軽に頼れる仲間がいる事はとても心強いですし、頑張っている姿を見ると自分も負けていられない!と元気をもらえます。

上司や先輩にはいつも仕事の相談にのって頂いています。知識や経験が豊富で、何でも気軽に相談できる上司や先輩方は私の目標です。会議や打合せではお客様に最高の提案が出来るように、部署の皆で知恵を出し合い問題解決に全力を尽くしています。普段は冗談を言い合える関係で、明るく笑いの絶えない職場ですが、やる時はやる!そんな職場です。

新人の時のエピソードは?

入社して最初に行っていたのは地主様への土地活用の提案営業でした。提案営業の研修を受け、初めてお客様のお宅に伺った時の事は今でもはっきり覚えています。何度も練習し、緊張MAXで臨んだ結果が門前払い・・・。飛び込み訪問の洗礼を受けた気分でした。
その後2~3ヶ月は全然上手くいかず、自分にこの仕事は向いてないんじゃないかと悩んでいました。そんな時、一緒に仕事をしていた先輩の仕事ぶりを間の当たりにし『まだまだ自分の努力が足りないんだ、もっと頑張ろう』と思いました。それからは、お客様に有益な情報を集めたり、作られている作物の話をしたりとお客様とのコミュニケーションを心掛けました。
それからは少しずつお客様とも話せるようになり、お客様の抱えている問題も分かるようになりました。今では違う営業を行っていますが、あの頃の経験が今の自分を作っているような気がします。

リフォーム部 川原由理香

リフォーム部 川原由理香

入社のきっかけは?仕事のやりがいは?

<入社のきっかけ>
就職サイトを見て出会ったのがへいせいでした。地元にあり、学生時代には毎日前を通っていたのに、あまり詳しくは知りませんでした。役所の建物だと思っていた程でした。最初に訪れた時、当時は平成建設でしたがとても緊張した事を今でも覚えています。緊張でガチガチだったのですが、迎えて頂いた方が笑顔で挨拶をして下さったので気持ちがほぐれました。

元々、住宅関係の仕事に付きたいと思っていたので、地元に密着しており明るく楽しそうなへいせいに是非入りたいと思いました。その気持ちが通じたのか入社する事ができ、実際に働いてみても明るく楽しい印象は変わっていません。

<仕事のやりがい>
私の仕事はリフォーム部で主に営業やプランニング、コーディネートをしています。
お客様宅に訪問し、キッチンやお風呂の配置を提案したり、床や扉、壁等の色をヒアリングしながら決めていきます。時には一軒丸ごと新築の様にリフォームする事もあります。テレビの某番組の様なイメージですね。私自身、学生の頃は文系でしたし未経験から始めたので分からない事ばかりですが、この仕事の面白さはお客様と一緒に決めて行く事です。お客様がどんな要望を持っているのかを聞き出し、それを形にしていくのが仕事です。

リフォームですから、解体してみたら予想と違ったなんて事もたまにありますが、そんな時も問題をお客様と一緒に解決していきます。そして、完成した時にはお客様と共に喜びを分かち合います。お客様に喜んで頂けた事「ありがとうございました。」と言って頂けた時が私にとって喜びであり、仕事のやりがいを感じる瞬間です。

同期の事、上司についてどのような印象ですか?

私には数人同期がいます。それぞれ違う部署に所属していますが、誕生日会をしたり、よくご飯を食べに行ったりして時には悩みを相談する事もあります。一人では心細かったかもしれませんが、同期がいたので楽しく続けて来る事ができました。
先輩方は楽しく優しい人が多いので、落ち込んでいたら声を掛けてくれます。会社行事の忘年会や社内旅行等は、部署を問わずコミュニケーションを図る事ができます。

新人の時のエピソードは?

初めてプランニングしたお客様には、本当に助けられました。
リフォーム部で初めての物件でしたので建築の事は右も左も分からない状況でした。お客様が何を望んでいるのか、それはどんな形になるのかを考える事に必死でしたし、建築用語も分からないので大工さんに伝えるのも一苦労でした。途中はミスもあり、本当にご迷惑をお掛けしましたが、工事が終わってお客様に言われた言葉はクレームでもお叱りの言葉ではなく「勉強になったね。」と言って頂きました。

それからリピーターとなって何度か工事をさせて頂き、今でも何かあれば声を掛けて頂くOBの大切なお客様としてお付き合いしています。仕事に対してお客様に対して、一生懸命である事の大事さを新人の頃にお客様や先輩から教えて頂けた事は今でも私の財産になっています。

住宅部 潤和也

入社のきっかけは?仕事のやりがいは?

率直に地元の企業で働きたいと思ったのがきっかけです。
地元の会社と考えた時に一番に頭に浮かんだ会社が、当時の平成建設。 すぐに電話し面接して頂いたのを今でもはっきり覚えています。

仕事のやりがいは地域でご縁がつながっていくことですね。この仕事をしているとお客様含め、いろんな方とのご縁がありますので、今後もこのご縁を大事にしていきたいです。

住宅部 潤和也

職場の雰囲気、上司の事についてどのような印象ですか?

雰囲気はとても良いですよ!会社の進むべき方向が明確ですので、社員の一体感を感じますね。
また努力する人間をしっかり評価してくれる会社だと思います。

上司の印象ですか?なかなか難しい質問ですね。(笑)
ただ上司について一番に言えることは、へいせいという会社を好きな上司ばかりだと思います。
上司がそういった気持ちで仕事をしているからこそ、私達も同じ方向性で仕事が出来ていると思っています。

新人の時のエピソードは?

へいせいに入社するまで仕事でパソコンを使う機会が無く、更にコピー機さえもろくに扱えなかったので、本当に何も出来なかったですね。両面コピーを依頼され、やり方が分からないと言った時の上司の顔を今でもはっきりと覚えています。(笑)

ただ今ではそんな私もiPad等を活用し、バリバリ仕事をしております。
異業種からの中途入社でしたが、業界未経験でも活躍出来る環境が整っていると思いますよ。

精算部 阿比留康孝

精算部 阿比留康孝

入社のきっかけは?仕事のやりがいは?

大学の建築学科を卒業後、北九州の建設会社に勤め、実家の建設業経営に従事しましたが家業が倒産。 先行きに不安を感じ、またスケールの大きな仕事がしたいと考えていたところ、株式会社へいせいと出会ったのがきっかけです。

積算の仕事はお客様との触れ合いが少ないので、閉鎖的なように見えますが、建設業の業務の軸となる仕事です。

見積もり落としで会社に大きな損失を与えてしまうかもしれない、難しい仕事ではあります。誇りと自信をもって仕事をすることで、会社に貢献できる人財になり、会社の繁栄と個人の幸せにつながっていくやりがいのある仕事だと思います。

職場の雰囲気、上司の事についてどのような印象ですか?

ビジネスマナーに関することには厳しいですが、コミュニケーションの取れた、働きやすい職場です。
特に私は上司に対する言葉使いなどで指導を受けることがあり反省しますが、言いたいことを発言できますし、報告・連絡・相談の大切さと社会人としてのマナーを教えて頂いています。伝えたい内容が重要な時には、つい感情が入ってしまいますが、そんな私も自然に受け入れて頂ける上司です。

積算の仕事は会社にとって大事な舵取りです。厳しい指導を受けることもありますが、しっかり技術や知識を身に着けて欲しいという気持ちからそうなるのだと感じています。 また、積算部や企画設計には一級建築士の人ばかりですのできっと多くの事を学べます。

新人の時のエピソードは?

中途採用で入社後工事現場に現場監督として配属され、その後異動で積算部に配属となりました。
今まで建設業に係る色々な業務をしてきましたので、違和感はありませんでしたが、 現場をしていた時には、「積算や設計の方に感謝が足りていなかったなぁ」と感じる次第です。

失敗は成功の母。挑戦!挑戦!
楽しく仕事することを心がけています。